健康福祉学科学科概要

 
 

福祉・教育及び地域の人々の健康づくりに貢献できるスペシャリストを育てる


1)プラスα実践力・できる力を備えた人材養成”
 体育・スポーツをベースにして現代社会のニーズに対応した健康福祉の力を備えた人材養成カリキュラムをつくりました。

2)将来の進路に合わせたフレキシブルな履修モデル”
 将来、希望の職業に合わせて、スポーツ・教育系と介護・福祉系の資格取得を軸とした履修モデルがあり、丁寧なクラス別履修指導を行っています。卒業時には「健康福祉学士」の学位が授与されます。

3)特色ある大学独自の健康づくり運動サポーター養成カリキュラム”の実施
 “できる力”の獲得のために、地域や行政と協力して実際の健康づくりの現場での実践教育に力を入れてます。
 

 地域の人々の「健康づくりをリードできる人材養成」をベースにした教育の実践

 高齢者人口が増加を続けている現在の日本。若年層や中高年者においても、運動に関する豊富な体験や、教育・医療・福祉の各分野での健康に関わる指導者を育成し、地域の人々の健康づくりに貢献できる人材の育成を目指しています。
 教育の分野では、所定の科目を履修することにより、保健体育科教諭、福祉科教諭、特別支援学校教諭、養護教諭(以上3資格は健康福祉学科でのみ取得が可能です)の資格を取得することができます。福祉の分野では、介護福祉士受験資格、社会福祉士受験資格の取得が可能です。健康づくりの分野では、健康運動指導士、健康運動実践指導者の資格が取得可能となっています。本学科の卒業生は、宮城県内外の小中高校教諭をはじめ、専門学校講師、老人保健施設、障がい者施設での介護予防や運動指導員、健康増進センターでのインストラクターなど、さまざまな分野で活躍しています。卒業時には、「学士(健康福祉学)」の学位が与えられます。