施設・設備第四体育館

▲左のサムネイルをクリックすると、各施設の360度空間がご覧いただけます。
  • 大学院

    大学院関係施設

  • 体育

    体育学科関係施設

  • 健福

    健康福祉学科関係施設

  • 運栄

    運動栄養学科関係施設

  • スポ情

    スポーツ情報マスメディア学科関係施設

  • 現武

    現代武道学科関係施設

  • 子ども

    子ども運動教育学科

  • 体実&部活

    体育実技&部活動

  • 厚生施設

    厚生施設

【2F】ダンス・新体操場

 

  • 体実&部活


【1F】アスレティックトレーニングルーム

 

 

アスレティックトレーニングルーム(ATルーム)には、「テーピングエリア」「リコンディショニングエリア」「温水・冷水プールエリア」「アスレティックトレーニングエリア」があり、アスレティックトレーナーを養成するための講義・実習、研究の場として利用されています。また怪我をしたアスリートに対しては、仙台大学健康管理センターを受診した後、有資格指導者(日本体育協会公認アスレティックトレーナー2名、NATA-ATC2名)の指導の下、各々の選手の状況に合わせたリコンディショニングプログラムやアスレティックトレーニングプログラムを学生トレーナーが処方し、アスリートの一日も早い競技復帰をサポートしています
  • 大学院

  • 体育

  • 体実&部活


【1F】遠隔授業実習室

 

 

遠隔授業実習室は、座学のみでは無く、ワイヤレスインカムを利用して、学生が個々に身体を動かしながら行われる実習形式の授業に対応できるよう整備されました。実際の授業では、教室内2箇所に投影される遠隔地のライブ映像を見ながら、ワイヤレスインカムを利用し、遠隔地の講師の動きを確認したり、本学学生のデモに対して指導を受けています。この施設はハワイ大学との提携事業である「ハワイ大学アウトリーチカレッジの遠隔授業を利用した米国アスレティックトレーナー資格取得のための人材育成開発手法の探求」を実施するために整備されました。また、この取り組みは、文部科学省補助金「教育・学習方法等改善支援」事業に選定され、補助期間が終了した現在もなお、継続されています。この取り組みにより、本学卒業生からNATAの資格取得者を輩出しています
  • 体育

  • 運栄


【1F】バイオテックス室

 

  • 大学院

  • 体育


【1F】学生相談室

 

  • 厚生施設