運動栄養学科スポーツと栄養

プロバスケットボールチーム仙台89ERS選手への栄養指導の様子(2016年12月実施)[左下画像]

 

 スポーツ選手の競技力向上には、競技特性や目的を持ったトレーニングメニューづくり、適度な休養などが重要です。しかし、トレーニングを積むだけで食事・栄養面を無視しては、せっかくのトレーニングの効果を無駄にしてしまうこともあります。「どんな食べ物をどのタイミングで摂るか」といった栄養の知識を取り入れれば、より効率的に競技力・体力を向上させることができます。
 

プロバスケットボールチーム仙台89ERS選手への栄養指導の様子(2016年12月実施)

 

履修モデル

 運動栄養学科の学生は、運動栄養学科での学士力を培うため、下記の授業科目を共通に学びます。
 
[学士力基盤科目]
 導入演習、情報処理、学習基礎教養演習、総合英語A・B・C・D、スポーツ心理学、スポーツ社会学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ指導の基礎、トレーニングの基礎、運動生理学

[学科主要科目(専門基礎科目)]
 生化学、解剖・生理学I、栄養学、解剖・生理学II、食品学、スポーツ栄養学、栄養指導論

[基礎科目]
 「教養基礎科目」「教養展開科目」「海外文化科目」「人生設計科目」

 競技力向上を目指すスポーツ選手に対して運動および栄養の指導を行うために必要な専門的知識や技術を学びます。栄養士免許に加えてジュニアスポーツ指導員やスポーツプログラマーなどの資格が取得できます。
[コース主要科目(発展科目)]
 運動栄養学演習、スポーツ栄養学演習、運動指導演習、臨床栄養学概論、調理学実習、体力相談と運動処方、トレーニング方法論、コンディショニング論 ほか

[応用科目]
 陸上競技、水泳、バレーボール、ダンス、レクリエーション実技、北米のプロスポーツ事情 ほか  

 履 修 系 統 図 
 

卒業生紹介

森永製菓株式会社勤務
清野 隼さん(平成19年度卒 山形県・寒河江高等学校出身)
 実践を通して肌で実感できる4年間の学び。
 現在、森永製菓株式会社ウイダートレーニングラボのスポーツ栄養士チーフ職として働いています。在学中は運動栄養サポート研究会に所属し、学生トレーナーとして硬式野球部で活動しました。競技スポーツの現場から必要とされる資質や能力、知識を肌で実感できる4年間。多くのことを学びました。