スポーツ栄養学科3つのモデル

​​
 スポーツ・運動にかかわに関わる教員・学生が数多くそろい​、充実した施設・設備が整うのが本学科の強み。
 一人ひとりの進路・ニーズに対応し、専門的知識や技術を学ぶための3つの履修モデルがあります。
 

健康栄養モデル

 野菜の摂取不足、食塩・脂肪の摂り過ぎ、運動不足などの不健康な生活習慣により、男性を中心とした肥満者の急速な増加などの生活習慣病が問題になっています。したがって健康づくりには、運動と栄養の指導ができる人材が求められています。

 

在学生の声

食事だけでなくサプリメントの知識も活かし
  的確な栄養指導を目指す

 大学在学中にNR・サプリメントアドバイザーの認定試験に合格し、成績優秀者に選ばれました。NR・サプリメントアドバイザーを取得した理由は、食事だけでなく、サプリメントについても的確に栄養指導ができるようになりたいと考えたからです。大学卒業後は給食委託会社で勤務する予定ですが、スポーツ選手だけでなく健康増進を目的としている方に向けても情報を発信できるようになりたいと考えています。

宮腰 海音さん(4年生)
宮城県・仙台高等学校 出身

 

スポーツ栄養モデル

プロバスケットボールチーム仙台89ERS選手への栄養指導の様子(2016年12月実施)[左下画像]

 

 スポーツ選手の競技力向上には、競技特性や目的を持ったトレーニングメニューづくり、適度な休養などが重要です。しかし、トレーニングを積むだけで食事・栄養面を無視しては、せっかくのトレーニングの効果を無駄にしてしまうこともあります。「どんな食べ物をどのタイミングで摂るか」といった栄養の知識を取り入れれば、より効率的に競技力・体力を向上させることができます。
 

プロバスケットボールチーム仙台89ERS選手への栄養指導の様子(2016年12月実施)
 

在学生の声

在学中から実践を経験!
​料理未経験でも大丈夫

 スポーツ栄養研究会でラグビー部の栄養サポート活動をしています。大会に同行して補食(食事だけでは補いきれない競技などに必要な栄養素を得ること)を提供したり、選手に対して栄養セミナーを行ったりと実践経験を積んでいます。食事を通じて勝利に貢献できた時は嬉しいです。

平野 慎吾さん(3年生)
宮城県・仙台城南高等学校 出身

 

スポーツ栄養サポート研究会は
​授業で学んだ知識を活かせる場

 スポーツ栄養研究会の陸上部サポートグループに所属し、学生陸上選手の栄養サポートを行っています。サポート活動は授業で学んだ知識を活かせる場で、将来スポーツ栄養士を目指す私にとって学生のうちに選手のサポートができることは貴重な経験となっています。

猪股 咲耶さん(3年生)
福島県・会津学鳳高等学校 出身

 

ゼミ紹介 (岩田 純研究室)

 岩田研究室では、健康を維持するためにはどのような食生活が適しているのか、スポーツ選手のパフォーマンス向上にはトレーニングに合わせてどのような食事をどのくらい摂ればよいのか、あるいは人に対してどのような栄養指導を実施するのが効果的であるかなどについて研究しています。研究室所属の学生は、それらの食生活と健康・運動に関する様々な分野から研究テーマを見つけます。具体的な卒業論文の研究テーマとしては、「健康状態と飲料摂取量の関係性について」、「栄養コンディショニング日誌を用いた大学生長距離選手の身体状況の変化」、「大学生による栄養サポートが対象者の行動変容に及ぼす影響」などがあります。また、最近は減塩料理に関する研究も行っています。
 

スポーツ栄養研究会



 

学校栄養モデル


 身体がまだ完成されておらず、成長過程にある子どもたちの運動と栄養のバランスは、その発達のペースに合わせて適切な指導を行わなければなりません。近年、朝食欠食など子どもの食生活の乱れや肥満傾向などが見られ、食育の増進が大きな国民的課題となっています。

 

在学生の声

間違ったダイエットからの脱却
​アスリートの栄養を学ぶ

 高校時代に間違ったダイエットで体と心の調子を崩し、食と栄養の大切さを痛感。陸上をしていたので、スポーツと関連付けた栄養学を学びたくてこのスポーツ栄養学科を志望しました。教職課程も選択でき、将来の選択肢の多さが魅力。教員か栄養の専門職か、じっくり考えて決めたいです。

 


渡邉 陽菜さん(4年生)
福島県・福島成蹊高等学校 出身

 

部活動と勉学との両立
​目標のため「時間を意識的に作る」

 現在、私は保健体育科教諭、栄養士、栄養教諭の3つの免許取得を目標にしています。また、私自身、陸上部に所属し部活動と勉学を両立しています。これらを同時にこなすことは簡単ではありませんが、「時間を意識的に作る」ことを心がけ、しっかり集中して大学生活を送っています。

田近 嵯季さん(3年生)
長野県・木曽青峰高等学校 出身

 

学科通信定期発行中

【最新号】vol.173 「1日の計は朝食にあり」

バックナンバーは#いいね!スポーツ栄養学科!

学部紹介