専任教員紹介

講師

渡邉 泰典

Watanabe Yasunori

博士(学術) (京都工芸繊維大学)
修士(体育学) (筑波大学)
学士(体育学) (筑波大学)

研究領域

ライフサイエンス / スポーツ科学 /

資格・免許

高等学校教諭専修免許(保健体育)

中学校教諭専修免許(保健体育)

日本スポーツ協会公認上級水泳コーチ

日本ライフセービング協会公認ベーシックサーフライフセーバー

論文 (9)

1.

Effect of being fully-clothed in water on the distance between the centre of buoyancy and the centre of mass as well as pulmonary ventilation for people involved in water-related incidents

Watanabe Y , Moriyama S , Inagaki R , Wakayoshi K

XIIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming Proceedings 449 - 454 2018-09

2.

New Evaluation Index for The Retainability of a Swimmer’s Horizontal Posture

Watanabe Y , Wakayoshi K , Nomura T

PLoS One. 2017 May 9; 12(5): e0177368. doi: 10.1371/journal.pone.0177368. eCollection 2017. pmid: 28486565 12 (5) - 2017-05

3.

The Effect of Shoulder Position Difference of Streamline Posture in Competitive Swimmers

Watanabe Y , Wakayoshi K , Nomura T

34th International Conference on Biomechanics in Sports, Tsukuba, Japan, July 18-22, 2016 1135 - 1138 2016-07

4.

Application of a Video-based Marker-less Motion Analysis Method to Weightlifting

Yoshikawa F , Watanabe Y

1st International Symposium on Sport Science, Engineering and Technology 27 - 32 2015-05

5.

The Effects of Breathing on Center of Buoyancy and Buoyancy Torque in Junior Elite Swimmers

Watanabe Y , Wakayoshi K , Nomura T , Tachi M

Proceeding of the 1st Asia-Pacific Conference on Coaching Science 127 - 128 2015-04

6.

EFFICIENT COLLECTION OF SIMILAR SPORT SCENES OF INTEREST FOR EFFECTIVE COACHING

Fumito Yoshikawa , Yasunori Watanabe

INTED2015: 9TH INTERNATIONAL TECHNOLOGY, EDUCATION AND DEVELOPMENT CONFERENCE 6103 - 6107 2015

7.

AUTOMATIC EXTRACTION OF VISUAL MOTION CHARACTERISTICS FOR EFFECTIVE COACHING

Fumito Yoshikawa , Yasunori Watanabe

INTED2015: 9TH INTERNATIONAL TECHNOLOGY, EDUCATION AND DEVELOPMENT CONFERENCE 6162 - 6165 2015

8.

The Effect of Breathing on the Distance Between Center of Buoyancy and Center of Mass in Competitive Swimmers

Watanabe Y , Wakayoshi K , Nomura T , Tachi M

SPORT MONT, 40, 41, 42. /XII 98 - 104 2014-06

9.

Lactate Production and Clearance During High Intensity Swimming Test in Elite Water-Polo Players

Takagi H , Murase Y , Minami T , Aoyagi K , Watanabe Y

Bull. Facul. Health & Sci., Univ. of Tsukuba 36 77 - 84 2013-03

書籍・出版物 (1)

1.

「着衣のまま水に落ちた場合の対処」と事後指導をセットで行う水辺安全学習

稲垣良介 , 森山進一郎 , 渡邉泰典

大日本図書 2019-05

講演・口頭発表等 (41)

1.

水泳不得意者の支援を目的とした新型ヘルパーの開発とその効果の検証

渡邉泰典 , 森山進一郎 , 若吉浩二

日本水泳・水中運動学会2020年次大会,愛知 2020-11-15

2.

Relationship between characteristics of static streamline posture and swimming velocities of towed streamline posture

Moriyama S , Watanabe Y , Kurono T , Toyoda Y , Wakayoshi K , Shibata Y , Ogita F

25th ECSS Anniversary Congress, Virtual 2020-10-30

3.

The effects of assisted swim training using elastic tubes on beginner collegiate swimmers

Kurono T , Watanabe Y , Morais J , Marinho D , Wakayoshi K , Moriyama S

25th ECSS Anniversary Congress, Virtual 2020-10-30

4.

浮力のある水着の着用が競泳選手の泳パフォーマンスに及ぼす影響

森山進一郎 , 渡邉泰典 , 黒野翼 , 水越勇人 , 豊田郁豪 , 若吉浩二

第75回日本体力医学会大会,鹿児島 2020-09-25

5.

Effects of lessons on students' perception of waterside accident prevention behavior: Practice by lecture and practical training in the gymnasium

Inagaki R , Kishi T , Ishigami S , Watanabe Y

The 2020 Yokohama Sport Conference

6.

競泳選手と一般学生の静止けのび姿勢の特徴と牽引けのび泳速の比較

森山進一郎 , 渡邉泰典 , 黒野翼 , 豊田郁豪 , 佐藤耕平 , 若吉浩二

日本バイオメカニクス学会第26回大会,福岡 2020-09-19

7.

わずか4日間で児童に背泳ぎで泳がせる指導法の開発

森山進一郎 , 佐藤悠太郎 , 豊田郁豪 , 渡邉泰典 , 稲垣良介

日本スポーツ教育学会第39回学会大会,東京 2019-09-22

8.

水中環境が上肢挙上伏臥位姿勢での膝関節屈曲動作に伴う関節位置覚に及ぼす影響

渡邉泰典

第74回日本体力医学会大会,茨城 2019-09-19

9.

衣服および靴の着用が水中におけるヒトの肺気量、浮力および浮心重心間距離に及ぼす影響

渡邉泰典 , 森山進一郎

日本体育学会第70回大会,神奈川 2019-09-12

10.

Does different facial direction influence the swimmer’s horizontal posture?

Moriyama S , Watanabe Y , Kurono T , Mizukoshi H , Wakayoshi K , Shibata Y , Ogita F

24th annual congress of the European College of Sport Science, The Charles University in Prague, Prague 2019-07-05

11.

有浮力水着着用が水中バランスおよび血中乳酸カーブテストに及ぼす効果

若吉浩二 , 森山進一郎 , 渡邉泰典

日本コーチング学会第30回大会兼第12回日本体育学会体育方法専門領域研究会,神奈川 2019-03-14

12.

Assisted training improves swimming performance in non-competitive collegiate swimmers

Moriyama S , Yoshida Y , Watanabe Y , Suzuki J , Wakayoshi K

2018KNSU International Conference-Asia-Pacific Conference on Coaching Science: Constructing a happy sport field of future generations, Korea National Sport University, Korea 2018-10-25

13.

Effects of stroke rate on assisted swimming performance

Yoshida Y , Moriyama S , Watanabe Y , Wakayoshi K

2018KNSU International Conference-Asia-Pacific Conference on Coaching Science: Constructing a happy sport field of future generations, Korea National Sport University, Korea 2018-10-25

14.

Effect of being fully-clothed in water on the distance between the centre of buoyancy and the centre of mass as well as pulmonary ventilation for people involved in water-related incidents

Watanabe Y , Moriyama S , Inagaki R , Wakayoshi K

XIIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in SwimmingXIIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, Tsukuba, Japan 2018-09-21

15.

アシスト牽引泳における牽引負荷の差異が泳パフォーマンスに及ぼす影響

森山進一郎 , 黒野翼 , 渡邉泰典 , 若吉浩二

第73回日本体力医学会大会,福井 2018-09-09

16.

自転車エルゴメータを活用した競泳選手の水中牽引およびパワー測定法の検討

若吉浩二 , 上野広治 , 原怜来 , 佐々木祐一郎 , 渡邉泰典 , 森山進一郎 , 大橋一道

日本コーチング学会第29回大会兼第11回日本体育学会体育方法専門領域研究会,山梨 2018-03-22

17.

一般大学生の泳パフォーマンスは牽引泳トレーニングで向上する

吉田結花 , 渡邉泰典 , 若吉浩二 , 森山進一郎

日本コーチング学会第29回大会兼第11回日本体育学会体育方法専門領域研究会,山梨 2018-03-22

18.

自転車エルゴメーターを活用した水球選手における水中牽引パワーの競技レベル別比較

南隆尚 , 若吉浩二 , 当麻成人 , 大本洋嗣 , 中嶋崇光 , 塩田義法 , 榎本至 , 渡邉泰典 , 高木英樹 , 藤原秀規 , 大橋一道

日本水泳・水中運動学会2017年次大会,東京 2017-10-22

19.

電磁ブレーキ式エルゴメータを活用した水球選手の水中牽引パワーの測定法の開発

若吉浩二 , 南隆尚 , 大麻成人 , 渡邉泰典 , 大橋一道

第72回日本体力医学会大会,愛媛 2017-09-16

20.

浮力・浮心重心間距離が水中牽引時抵抗に及ぼす影響

渡邉泰典 , 若吉浩二

日本コーチング学会第28回大会兼第10回日本体育学会体育方法専門領域研究会,東京 2017-03-22

21.

大学女子水球選手の移動手段別にみた牽引泳によるパワー評価法の検討

渡邉泰典 , 森翼 , 若吉浩二

日本水泳・水中運動学会2016年次大会,東京 2016-10-16

22.

模擬下垂歩行と模擬片麻痺歩行における靴型荷重測定器を用いた測定部荷重測定

渡邉泰典 , 若吉浩二 , 藤本計之 , 田中守

第71回日本体力医学会大会,岩手 2016-09-23

23.

The Effect of Shoulder Position Difference of Streamline Posture in Competitive Swimmers

Watanabe Y , Wakayoshi K , Nomura T

34th International Conference on Biomechanics in Sports, Tsukuba, Japan 2016-07-20

24.

水泳選手における肩関節柔軟性が重心位置と浮心重心間距離に及ぼす影響

若吉浩二 , 渡邉泰典

日本水泳・水中運動学会2015年次大会,東京 2015-10-17

25.

学生スイマーと水泳不得意学生を対象とした肺気量変化に伴う浮力および浮心重心間距離の比較

若吉浩二 , 渡邉泰典 , 白木孝尚

日本体育学会第65回大会,岩手 2014-08-28

26.

The Effects of Breathing on Center of Buoyancy and Buoyancy Torque in Junior Elite Swimmers

Watanabe Y , Wakayoshi K , Nomura T , Tachi M

1st Asia-Pacific Conference on Coaching Science, Hokkaido, Japan 2014-07-13

27.

Real-time Measuring System of the Distance Between the Center of Buoyancy and the Center of Gravity for Swimmers

Watanabe, Y , Wakayoshi, K , Shiraki, T

XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, Canberra, Australia 2014-04-29

28.

The Effect of Breathing on the Distance Between Center-of-buoyancy and Center-of-mass in Competitive Swimmers.

Watanabe, Y , Wakayoshi, K , Shiraki, T , Tachi, M , Nomura, T

11th International Scientific Conference on Transformation Processes in Sport “SPORT PERFORMANCE”, Podgorica, Montenegro 2014-04-05

29.

練習用有浮力水着は水中水平姿勢保持にどのように作用するか?―浮心重心間距離とパフォーマンスとの関係―

渡邉泰典 , 白木孝尚 , 若吉浩二 , 来田宣幸 , 野村照夫

第68回日本体力医学会大会,東京 2013-09-21

30.

部活動を教育活動として位置づけるための実践的取り組み―学習内容と生徒指導の観点から―

来田宣幸 , 吉田浩之 , 谷川哲朗 , 野村照夫 , 小島理永 , 梅崎さゆり , 渡邉泰典

日本体育学会第64回大会,滋賀 2013-08-30

31.

モノフィン泳未経験者の指導に関する実践的研究―水泳経験者を対象として―

谷川哲郎 , 渡邉泰典 , 小島理永 , 梅崎さゆり , 松本智好 , 来田宣幸 , 野村照夫

日本体育学会第64回大会,滋賀 2013-08-30

32.

競泳におけるフリップターンの楕円モデルによる検討

野村照夫 , 谷川哲郎 , 渡邉泰典 , 小島理永 , 梅崎さゆり , 来田宣幸

日本体育学会第64回大会,滋賀 2013-08-30

33.

ヒップホップダンスにおける感情強度の違いが動作に及ぼす影響

小島理永 , 野村照夫 , 来田宣幸 , 梅崎さゆり , 谷川哲郎 , 渡邉泰典

日本体育学会第64回大会,滋賀 2013-08-29

34.

バレーボールにおける視覚探索活動の類型化の提案―実践的場面のデータを用いて―

梅崎さゆり , 小島理永 , 谷川哲郎 , 渡邉泰典 , 来田宣幸 , 野村照夫

日本体育学会第64回大会,滋賀 2013-08-28

35.

浮力・浮心重心間距離の即時測定システムの構築

若吉浩二 , 渡邉泰典 , 白木孝尚

日本水泳・水中運動学会2012年次大会,福岡 2012-10-21

36.

意図的な呼吸方法の質的変容は浮心-重心間距離の短縮に作用するのか

渡邉泰典 , 若吉浩二 , 白木孝尚

日本水泳・水中運動学会2012年次大会,福岡 2012-10-20

37.

水泳選手における腹式呼吸トレーニングは浮心位置を変えることができるか?

若吉浩二 , 渡邉泰典

第67回日本体力医学会大会,岐阜 2012-09-15

38.

一流水球選手における最大運動時の乳酸生成および除去能力に関する研究

高木英樹 , 仙石泰雄 , 村瀬陽介 , 南隆尚 , 青柳勧 , 渡邉泰典

日本体育学会第63回大会,神奈川 2012-08-24

39.

水球ゴールキーパーにおける「ふりかえり」によるコーチングの実践例-第14回上海水泳世界選手権日本代表選手を対象に-

南隆尚 , 高木英樹 , 青柳勧 , 村瀬陽介 , 渡邉泰典

日本体育学会第63回大会,神奈川 2012-08-24

40.

水球競技のシュート時における下肢動作の違いがパフォーマンスに与える影響

乙女陽平 , 渡邉泰典 , 村瀬陽介 , 南隆尚 , 高木英樹 , 椿本昇三

日本水泳・水中運動学会2011年次大会,東京 2011-10-15

41.

水球シュート時におけるゴールキーパーのセービング反応時間に関する分析

渡邉泰典 , 高木英樹

日本水泳・水中運動学会2011年次大会,東京 2011-10-15

共同研究・競争的資金等の研究課題 (2)

1.

日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究

水難事故防止教育の着衣泳における系統に基づいた浮き身指導法の開発とその効果の検証

渡邉 泰典

(2018-04 - 2021-03)

2.

日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)

呼吸法の違いは泳者の受動抵抗軽減に寄与するか?

渡邉 泰典

(2014-04 - 2017-03)

所属する学会

日本子ども安全学会(2020-04 -)

日本スポーツ教育学会(2019-04 -)

日本教育医学会(2019-04 -)

日本スポーツパフォーマンス学会(2015-10 -)

日本コーチング学会(2013-04 -)

日本体力医学会(2012-04 -)

日本体育学会(2012-04 -)

日本水泳・水中運動学会(2010-04 -)

社会的活動(6)

1.

一般財団法人宮城県水泳連盟理事 運営参加・支援

2017-04-01 -

2.

令和元年度仙台市学区民体育振興会連合会 全体研修会「ちょっとの工夫で運動指導がとってもオモシロくなる」 講師

仙台市学区民体育振興会連合会

2020-02-09 - 2020-02-09

3.

公認水泳コーチ3養成 専門科目講習会 指導理論(トレーニング法・コーチング法) 講師

公益財団法人日本スポーツ協会・公益財団法人日本水泳連盟

2019-11-25 - 2019-11-25

4.

第12回FINA世界女子ジュニア水球選手権(ボロス・ギリシャ) 女子水球日本代表コーチ 13位 運営参加・支援

2017-09-03 - 2017-09-09

5.

第29回ユニバーシアード競技大会(台北・台湾) 水球日本代表総務 男子6位,女子3位 運営参加・支援

2017-08-18 - 2017-08-30

6.

第28回ユニバーシアード競技大会(光州・韓国) 女子水球日本代表コーチ 8位 運営参加・支援

2015-07-02 - 2015-07-14

受賞歴 (2)

1.

水泳不得意者の支援を目的とした新型ヘルパーの開発とその効果の検証 日本水泳・水中運動学会

渡邉泰典 , 森山進一郎 , 若吉浩二

研究奨励賞 2020-11

2.

水泳選手における肩関節柔軟性が重心位置と浮心重心間距離に及ぼす影響 日本水泳・水中運動学会

若吉浩二 , 渡邉泰典

研究奨励賞 2015-10

担当科目

大学院

学部共通

水泳,海浜実習,仙台大学の専門教養演習I,仙台大学の専門教養演習II,仙台大学の専門教養演習Ⅲ,体育系大学の基礎教養

体育学科

水上安全法(含実習),スポーツコーチング概論,スポーツコーチング研究法,種目別コーチング演習I,種目別コーチング演習II,スポーツコーチング実習,スポーツコーチング演習

健康福祉学科

運動栄養学科

水上安全法(含実習)

スポーツ情報・マスメディア学科

現代武道学科

水上安全法(含実習),スポーツコーチング概論,スポーツコーチング実習

子ども運動教育学科