専任教員紹介

教授

髙橋 亮

Takahashi Ryo

学術博士(生命倫理・持続可能性・グローバル公衆衛生Bioethics,Sustainability,and Global Public Health) (American University of Sovereign Nations)
博士(教育学) (明星大学通信制大学院)
教育学修士 (University of Utah)
教育学修士 (上越教育大学)
体育学士 (仙台大学)

研究領域

人文・社会 / 社会福祉学 / 社会福祉概論

人文・社会 / 哲学、倫理学 / ジェロントロジー

人文・社会 / 教育学 / 教職論

人文・社会 / 特別支援教育 / QOL

資格・免許

中学校・高等学校保健体育教員免許状

防災介助士

論文 (64)

1.

A Study of the Philosophy of Educational Gerontology in Bushido Context of Future in Japan 筆頭著者

Takahashi Ryo

GERIATRIC 2(1) (2) 1 - 5 2020-11

2.

Philosophy of Gerontology from the Past to the Future in Japan 筆頭著者

Takahashi Ryo

Journal of Geriatric Medicine 2 (1) 16 - 19 2020

3.

Edification through Zen and Zanshin from Sri Lanka from Japan in Peace and Harmony 筆頭著者

Takahashi Ryo

Odisha Journal of Social Science 7 (2) 1 - 7 2020

4.

The Historical Philosophy of Gerontology in the Context of Our Future 筆頭著者

Takahashi Ryo&Shibata Hiroshi

HSOA Journal of Gerontology & Geriatric Medicine 5 1 - 13 2019

5.

暁烏敏とラビンドラナート・タゴールの著作「人」におけるジェロントロジー哲学の比較研究と今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 49 12 - 26 2019

6.

古から学び未来へと向かう福祉の課題:「船岡」の歴史から学ぶ一考察Going to the future is searching the past 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (48) 11 - 21 2018

7.

留岡幸助の孤児福祉における応用教育:現代社会への応用 ラスト(シニア)オーサー

Hasegawa Takuto , Takahashi Ryo

Odisha Journal of Social Science 5 (1) 50 - 54 2018

8.

How to Reaching out from Gerontology to Bioethics for Developing Philosophy by Self Over Viewing Analysis 筆頭著者

Takahashi Ryo

Odisha Journal of Social Science 5 (1) 13 - 26 2018

9.

Philosophy Of Gerontology With Science And Technology: Personal View Of Bioethics & Gerontology In Advanced Future 筆頭著者

Ryo Takahashi

Herald Scholarly Open Access Journal of Gerontology & Geriatric Medicine 4 (1) 1 - 7 2018

10.

伊東七十郎重孝の武士道的生き方から学ぶ福祉的哲学の検討と課題 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (47) 1 - 13 2017

11.

Gerontology is My Life and Your Life Japan Hokkaido Kitami 2020 Vision with Philosophy of Applied Gerontology

Takahashi Ryo

Odisha Journal of Social Science 4 (2) 95 - 105 2017

12.

An Analysis of Sports using Game Refinement ラスト(シニア)オーサー

Panumate,C , Iida , H.Takahashi R

Odisha journal of Social Science 4 (1) 4 - 48 2017

13.

Effectiveness of Ballet Education in Gerontology From Youth to Age ラスト(シニア)オーサー

Chiiho Sano , Ryo Takahashi

Odisha Journal of Social Science 4 (1) 49 - 59 2017

14.

Future and Dream: Invitation Message from the Students of the Department of Health and Welfare Science Sendai University Faculty of Sports Science Celebration of 50th Commemoration 筆頭著者

Takahashi Ryo

Odisha Journal of Social Science 3 (2) 13 - 30 2016

15.

Vision for Gerontological Society in Hokkaido from 2020 To 2030 to Stand within the Grass Roots Welfare Society 筆頭著者

Takahashi Ryo

Odisha Journal of Social Science Vol.3(1), 16-22 3 (1) 16 - 22 2016

16.

仙台大学体育学部健康福祉学科20周年の歩みと今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

仙台大学体育学部健康福祉学科20周年記念誌 34 - 44 2016

17.

草の根福祉の研究労働者田代国次郎先生の軌跡と遺産 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (17) 6 - 20 2015

18.

The FEMA and CERT:Training,guidance and managements An analysis on cross cultural perspectives 筆頭著者

Ryo Takahashi. Racheal , D. Anderson , Stephen Coover , Kihei Kikuchi , Alan D. Scott , Raquel R. Smith

Odisha Journal of Social Science 1 ((2)) 14 - 28 2014

19.

日本におけるアメリカ合衆国連邦緊急事態管理局(FEMA)の自主防災再組織(CERT)教育訓練の導入と今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (16) 17 - 36 2013

20.

福島県における知的障害者及びその家族の生活の質に関する研究 筆頭著者

髙橋亮 , 髙橋寿美子

福島県男女共生センター平成24年度 地域課題調査研究報告書 1 - 53 2012

21.

防災介助・ジェロントロジー共育理念ー東日本大震災の訓練を受けてー 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (42) 14 - 18 2012

22.

ジェロントロジー(創齢学)の哲学と共(教)育との関わりに関する実証的研究:ダ・ヴィンチ気がつくプロジェクト2012 筆頭著者

髙橋亮

じぇろんとろじールネッサンス【ジェロントロジ ー学術誌】 (4) 11 - 38 2012

23.

知的障害者及びその家族の生活の質(Quality of Life)に関する研究ー宗教を含む異なる文化背景の比較考察を通してー 筆頭著者

髙橋亮

合同会社ジェロントロジーセンター 1 - 171 2011

24.

ラビンドラナート・タゴール著作「MAN」との出会いとその意義:ジェロントロジー哲学の考察と今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

じぇろんとろじー ルネッサンス【ジェロントロジー学術誌】 (2) 5 - 16 2010

25.

ヨガユニバーサルジェロントロジー共(教)育に向けての実践と展望 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (12) 1 - 11 2009

26.

知的障害とQOL 筆頭著者

髙橋 亮

臨牀看護 33 (10) 1893 - 1898 2007-10

27.

ジェロントロジー研究者イリア・メチニコフを日本に紹介した平野威馬雄の生涯と今後の課題 筆頭著者

髙橋亮,深谷美帆

草の根福祉 (38) 41 - 62 2006-10

28.

レオナルド・ダ・ヴィンチジェロントロジーセンター共育に関する研究実践と意義 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (37) 201 - 209 2005-10

29.

養護教育課程におけるジェロントロジー教育の現状と意義に関する調査:高等部の生徒と先生を中心に平成14年度財団法人日本興亜福祉財団ジェロントロジー研究助成報告書 筆頭著者

髙橋亮 , 島田博祐 , 谷口幸一 , 畑中稔 , 中川隆子 , 田中洋子

高崎健康福祉大学 高橋亮研究室 1 - 46 2004

30.

養護教育課程におけるジェロントロジー教育の現状と意義に関する調査:高等部の生徒と先生を中心に

髙橋亮 , 島田博祐 , 谷口幸一 , 畑中稔 , 中川隆子 , 田中洋子

14年度日本興亜福祉財団ジェロントロジー研究助成報告書 6 103 - 110 2004

31.

ジェロントロジー教育とエージングに関連る職業機会の現状と課題 筆頭著者

髙橋亮

健康福祉研究 Journal of health and welfare : 高崎健康福祉大学総合福祉研究所紀要 / 高崎健康福祉大学総合福祉研究所紀要編集委員会編 1 (1) 75 - 78 2004

32.

国際加齢・知的障害・クオリティオブライフ円卓会議の実践報告と課題 筆頭著者

髙橋亮

高崎健康福祉大学紀要 (2) 109 - 123 2003-03

33.

高齢者の社会参加活動尺度に関する研究と今後の課題 筆頭著者

髙橋 亮

東北介護福祉研究 (5) - 2002-08

34.

中高齢知的障害者の加齢に伴う適応行動の変化について : 入所施設生活者とグループホーム生活者を比較して ラスト(シニア)オーサー

島田 博祐 , 高橋 亮 , 渡辺 勧持 , 谷口 幸一

特殊教育学研究 40 (4) 375 - 387 2002

35.

福島県移民の父勝沼富造の生涯とその意義 筆頭著者

髙橋 亮

草の根福祉 (33) 138 - 145 2001-11

36.

福島県におけるキリスト教会に関する研究ノート 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (4) 66 - 72 2001

37.

福島県におけるとキリスト教の伝来と福祉への影響 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (4) 23 - 34 2001

38.

学際的社会福祉における生活の質・生きがい研究と今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (3) 1 - 20 2000-03

39.

ジェロントロジー高等教育シラバス研究ノートと今後の課題:ユタ大学のジェロントロジーセンター教育実践を中心に 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (32) 61 - 76 2000

40.

知的障害者のエイジングに関する研究の国際的動向 筆頭著者

髙橋亮

発達障害研究 22 (2) 104 - 112 2000

41.

アメリカにおける高等教育ジェロントロジー協会の活動と日本における今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

日本におけるジェ ロントロジーの確立に関する研究報 告書(平成11年度 財団法人年金総合研究センター助成事業)国際長寿センター(正式名称 ー学校法人日本社会事業大学国際長寿社会日本リーダーシップセンター) 9 - 16 2000

42.

高齢知的障害者のQOL評価の国際的研究および実践の動向 筆頭著者

髙橋亮

平成11年度岡山県老人保健強化推進特別事業要介護高齢者等のQOL評価に関する総合評価平成11年度研究報告書 53 - 60 2000

43.

アメリカ合衆国のジェロントロジー教育 筆頭著者

髙橋亮

保健医療社会学会論集 (11) 27 - 33 2000

44.

知的障害者の高齢化に関する研究動向 筆頭著者

髙橋亮

グループホームに 住む高齢知的障害者の生活実態及び支援に関する研究(課題番号09610229)平成9・10・11年度科学研究費 (基礎研究C(2)) 研究成果報告書 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所 第2章第3節15-23 第2章第4節24-31 第5章第1節60-66 15 - 66 2000

45.

21世紀に向けてのジェロントロジー教育とインクルージョン福祉政策 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (30) 150 - 163 1999

46.

アメリカ合衆国の老年学教育 筆頭著者

髙橋亮 柴田博

老年社会科学 21 (3) 358 - 371 1999

47.

QOLをふまえた地域の障害者プラン再構築 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (29) 138 - 144 1999

48.

健康的高齢・成人知的障害に関する背景論文 筆頭著者

髙橋亮

知的障害円卓会議 スイス、ジュネーブ、世界保健機構 (WHO) 1 - 24 1999

49.

高齢知的障害者のQOL評価に関する総合研究 筆頭著者

髙橋亮

平成10年度岡山県老人保健強化推進特別事業要介護高齢者等のQOL評価に関する総合評価平成10年度研究報告書 298 - 305 1999

50.

福祉オンブズパーソン制度の実証的研究 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 (2) 61 - 69 1999

51.

ユタ州ソルトレーク・シティにおける教会の地域における福祉実践活動 筆頭著者

髙橋 亮

基督教社会福祉学研究 31 70 - 77 1998

52.

高齢者のQOLを考える:高齢知的障害者のQOL 筆頭著者

髙橋亮

日総研出版 臨床老年看護 6 (1) 138 - 144 1998

53.

高齢者福祉教育課程の研究ノート:老年学の導入と課題 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (28) 1 - 10 1998

54.

高齢発達障害者への介護福祉研究動向:世界・日本における研究課題 筆頭著者

髙橋亮

東北介護福祉研究 創刊 51 - 57 1998

55.

地域福祉文化の再構築:福島県岩代町福祉パラダイム分析を中心に 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (26) 130 - 136 1997

56.

高齢発達障害者の生活の質の認識ーサービスとサポートニーズの分析 筆頭著者

髙橋亮

社会福祉研究センター 1 - 104 1997

57.

高齢者知的障害者福祉のケースワーク的支援 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉第 (25) 90 - 104 1997

58.

福島県白河市での看護教育50年のあゆみと今後の展望 筆頭著者

髙橋亮

白河厚生総合病院付属高等看護学院 1 - 17 1996

59.

高齢者福祉教育カリキュラムの再検討:アメリカ、日本の教育カリキュラムを中心に 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉第 (24) 1 - 17 1996

60.

アメリカの高齢知的障害者に関する研究動向と課題 筆頭著者

髙橋亮

草の根福祉 (23) 97 - 108 1995

61.

高齢知的障害者福祉の実証的研究ーその1ー 筆頭著者

髙橋亮

社会福祉研究シリーズ 18 1 - 13 1995

62.

日本における高齢知的障害者に関する研究動向と課題

髙橋亮

草の根福祉 22 88 - 107 1994

63.

ユタ州の高齢知的障害者福祉とアメリカでの研究の状況 筆頭著者

髙橋亮

福島社会福祉研究 (288) 5 - 8 1994

64.

新潟県におけるタウンホームの現状と課題

髙橋亮

上越教育大学大学院修士論文 1 - 72 1988

Misc (50)

1.

Philosophy of Gerontology 自論問路事、爺論答路事、時論問路事の哲学 筆頭著者

髙橋亮

仙台大学髙橋亮研究室テキスト 1 - 183 2019

2.

The Science, Philosophy and Bioethics of Gerontology in the Context of Our Future: An Individual and Community Journey from Japan 筆頭著者

Ryo Takahashi

American University of Sovereign Nations Ph.D. Thesis - 2019

3.

特別支援共育と武道の残心 筆頭著者

髙橋亮

シリーズ武道の可能性を探る第115回月刊武道 (115) 28 - 31 2018-10

4.

臨済宗妙心寺派東新山「福田寺」と「新殿神社」神楽の今昔 筆頭著者

髙橋亮

仙台大学健康福祉学科高橋亮研究室 1 - 77 2018

5.

日本で生まれ育った自主防災組織(CERT)とジェロントロジーとの関わり 筆頭著者

髙橋亮

わらしべ 昔と今と未来をつなぐネットワーク ローカル誌 (17) 5 - 5 2014

6.

「防災教育・研修」紹介コーナー 筆頭著者

髙橋亮

Care-Fit Scoiety 紲Kizzna (創刊準備号) 10 - 10 2014

7.

敬老とジェロントロジーとの関わり 筆頭著者

髙橋亮

わらしべ 昔と今と未来をつなぐネットワークローカル誌 (16) 4 - 4 2014

8.

草の根ジェロントロジー共育哲学 筆頭著者

髙橋亮

わらしべ昔と今と未来をつ なぐネットワークローカル誌 (15) 5 - 5 2013

9.

福島県における知的障害者及びその家族の生活の質に関する研究 筆頭著者

髙橋亮 , 髙橋寿美子

平成24年地域課題調査研究・研究事業報告書 福島県男女共生センター 1 - 50 2012-06

10.

アンダンテ カンタービレの物語巻頭言ロシア・サンクトペテブルグジェロントロジー国際総合会議に向けての抱負と課題 筆頭著者

髙橋亮

じぇろんとろじー ルネッサンス2号【ジェロントロジ ー学術誌】 Vol.2, 94-95 (2) 94 - 95 2010

11.

ひと〜第二講話至上のひと〜タゴール・ラビンドラナート 筆頭著者

髙橋亮

じぇろんとろじー ルネッサンス【ジェロントロジ ー学術誌】 (3) 39 - 57 2010

12.

ひと〜第一講話〜タゴール・ラビンドラナート 筆頭著者

髙橋亮

じぇろんとろじー ルネッサンス 2号 【ジェロントロジー 学術誌】 (2) 28 - 53 2010

13.

じぇろんとろじールネッサンス創刊号巻頭言 筆頭著者

髙橋亮

じぇろんとろじー ルネッサンス 1 【ジェロントロジー学術誌】 (1) 3 - 6 2009

14.

ジェロントロジスト探訪:草の根ジェロントロジーにおける創発力の実践:真理は一つの体系に囲み入れられる原則:油屋熊八から学ぶ 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (19) 40 - 43 2008-05

15.

ジェロントロジスト探訪:インドにおけるカフェテリアカリキュラムの潜在的意義の検討ガンディとマザー・テレサの瞑想と祈り ジェロントロジー実践 学の応用と課題 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (18) 46 - 49 2008-03

16.

ジェロントロジスト探訪:知識の活用方法をトーマス・エジソンの創造的発想法から学ぶ:実践応用ジェロントロジーのカリキュラム 開発意義 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (17) 47 - 49 2008-01

17.

ジェロントロジスト探訪:シェイクスピアから学ぶ演劇の力とジェロントロジー共育の原点 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (16) 45 - 47 2007-11

18.

ジェロントロジスト探訪:相田みつをの言霊世界と足利ジェロントロジー共育タウン構想の夢に向かって 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (15) 45 - 47 2007-09

19.

ジェロントロジスト探訪:建築家ガウディのビジョンから学ぶジェロントロジーセン ター大学院大学構想の共育理念 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス 協会 (14) 45 - 47 2007-07

20.

ジェロントロジスト探訪:ジャン・アンリ・ファーブル共育実践と「総合的学習」への応用と今後の課題 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (13) 45 - 47 2007-05

21.

ジェロントロジスト探訪武者小路実篤「新しき村」の実践から学びうるタウン構想と今後の課題

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会, (12) 51 - 53 2007-03

22.

ジェロントロジスト探訪:瀧廉太郎の生涯とジェロントロジー教育への応用と課題 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (11) 51 - 53 2007-01

23.

沖縄国際ジェロントロジー総合会議の総括・ルネッサンスプロジェクト2012レオナルド・ダ・ヴィンチジェロントロジーセンター構想の概念と意義(日本語版;英語版出版)

167 - 175 2007

24.

ジェロントロジスト探訪:若いときは賜であり老いは芸術である岡本太郎の創齢学 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (10) 33 - 35 2006-11

25.

ジェロントロジスト探 訪:日本の武道とジェロントロジー共育への応用と課題柔道の創始者嘉納治五郎からの考察 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (9) 28 - 30 2006-09

26.

ジェロントロジスト探訪:映画「レインマン」のモデルキム・ピークと父フランの愛の物語 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (8) 28 - 30 2006-07

27.

ジェロントロジスト探訪:ジェロントロジーへの貢献と健康的食育への展望イリヤ・メチニコフ 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケア フィットサービス協会 (7) 28 - 30 2006-05

28.

ジェロントロジスト探訪:ジェロントロジー共育への期待貝原益軒との出会い 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (6) 34 - 36 2006-03

29.

連載第24回私が求める教師像!

髙橋亮

月刊誌「教職課程 協同出版」 (8月) 92 - 95 2006

30.

ジェロントロジスト探訪:系図・家族歴史探究から学ぶジェロントロジー教育の哲学アレックス・ヘイリー 著作「ルーツ」からの 学び 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (5) 34 - 36 2006-01

31.

ジェロントロジスト探訪: オーケストラ指導法から学ぶジェロントロジー教育への応用オーケストラ指揮者 セルジュ・チェリビダッケ 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (4) 34 - 36 2005-11

32.

ジェロントロジスト探訪:開拓精神から学ぶジェロントロジストの特質日本女性初医師・ 荻野吟子 筆頭著者

髙橋亮

じぇろNPO法人日本ケアフィットサービス協会 (3) 34 - 36 2005-09

33.

ジェロントロジスト探訪 :ジェロントロジストに求められる特質吉田松陰から学ぶ 筆頭著者

髙橋亮

じぇろ 第2号NPO法人日本ケア フィットサービス協会 (2) 32 - 33 2005-07

34.

ジェロントロジスト探訪 : ジェロントロジストと呼ばれるゆえんレオナルド・ダ・ヴィンチ 筆頭著者

髙橋亮

じぇろ 第1号 NPO法人日本ケアフィットサービス協会 30 - 31 2005-05

35.

ジェロントロジスト探訪: ジェロントロジーとの出会い 筆頭著者

じぇろ準備号 NPO法人日本ケア フィットサービス協会, 26 - 27 2004

36.

高齢知的障害のQOL(生活の質)に関する実証的研究

髙橋亮

高齢知的障害のQOL(生活の質)に関する実証的研究 (課題番号:13610 268)平成13・14 年度科学研究費 (基礎研究C(2)) 研究成果報告書 研究代表 島田博 祐 愛知県心身障害者 コロニー発達障害 研究所 全75 - 2003

37.

クオリティ・オブ・ライフについての検討課題 : 知的障害をもつ人々のサービス転換のために 筆頭著者

ロイ ブラウン著 , 髙橋亮訳

発達障害研究 22 (4) 281 - 307 2001

38.

知的障害をもつ人のためのQOL評価法 筆頭著者

QOL評価表マニュアル評価の現状と 展望:萬代隆編,インターメディカ 409 - 416 2001

39.

加齢と知的障害:長寿と健康な加齢を推進するために国際知的障害研究協会とインクルージョンイ ンターナショナルによる世界保健機構への報告書 筆頭著者

髙橋亮 有馬正高

日本知的障害福祉連盟 世界保健機関 1 - 17 2000-07

40.

加齢研究の動向:IASSIDでの取り組み 筆頭著者

髙橋亮

JLNEWS SSKP (社)日本知的障害福祉連盟(編) 障害者団体定期刊行物協会 (SSKP) (37) 2 - 3 1999

41.

保健・医療・福祉の連携方策:国際的視点を含め高齢者、障害者のために

髙橋亮

成光社 1 - 10 1999

42.

山間部における障害者プランと人権擁護の基盤づくりに関する一研究

髙橋亮

シオン社会福祉研究センター社会福祉研究シリーズ第2号 1 - 48 1999

43.

入所型福祉施設利用者の権利擁護のための基礎調査活動と今後の課題

入所型福祉施設利 用者の権利擁護のための基礎調査・地域社会における人権侵害事例調査報告書福島県福祉オンブズパーソン準備会 63 - 72 1999

44.

高齢知的障害者のQOL

Quality of Life私の考えるQOLの高い医療とは 日総研出版 144 - 149 1999

45.

障害をもつ人々の機会均等化に関する基準規則 筆頭著者

髙橋亮

社会福祉研究センター 草の根福祉 (27) 68 - 80 1998-06

46.

高齢知的障害者のための地域インテグレーションの試み 筆頭著者

髙橋亮

シオン社会福祉研究 センター 社会福祉研究シリーズ (1) 1 - 12 1997-02

47.

知的障害者福祉のデメンシア診断(翻訳)

髙橋亮

社会福祉研究センター 社会福祉研究シリーズ (20) 11 - 31 1996-06

48.

高齢知的障害者福祉のケアマネージメント(翻訳) 筆頭著者

髙橋亮

社会福祉研究シリーズ 社会福祉研究センター (19) 9 - 29 1996-02

49.

無所属の大学:アメリカ学部教育における10の顕著なる試み

ユタ大学教育大学 大学院ユタ教育 政策センター 27 - 31 1992

50.

学生連合学術問題委員会教官ガイド 1992-1993 ラスト(シニア)オーサー

ユタ大学学生協会学術検討委員会

ユタ大学学生協会学術検討委員会 1 - 175 1991

書籍・出版物 (6)

1.

The Science, Philosophy and Bioethics of Gerontology: An Individual and Community Journey from Japan

髙橋 亮

Lambert 2019-08

2.

ひと = Man

Tagore, Rabindranath , 高橋, 亮

本の泉社 2011-08

3.

アンダンテカンタービレ 編集

社会貢献事業財団 2011

4.

ある家族の愛の物語:我々に強く生きる力を与える

島田博祐(明星大学教授)髙橋亮

文化書房博文社 2004

5.

障害をもつ人にとっての生活の質―モデル・調査研究および実践 ロイ・ブラウン監修 第15章担当 全382中342-361担当

髙橋亮

相川書房 2002

6.

加齢及び高齢者のためのプログラム「重複障害者の問題入門:教育及び社会問題」 PP.266-278

髙橋亮

Allyn& Bacon 1995

講演・口頭発表等 (33)

1.

ジェロントロジー哲学 温故知新 「BeforeコロナとAfterコロナで、人生会議の在り方は変わるのか」

髙橋 亮

第7回釧路生命倫理フォーラム生命倫理ワークショップ.(Online ワークショップ) 2020-08-30

2.

Philosophy of Gerontology from the Past to the Future in Japan

Takahashi Ryo

, 3rd International Knowledge Civilization and Nano Technology Conference:Humanity and Public health, Jeongseon, South Korea August 20-22, 2020.(Online会議) 2020-08-20

3.

革新と創造性の出会い、老年学の哲学による成功への道のり

ICOBEST 2019 The 2nd International Conference on Business, Economics, Social Science & Humanities,Nov.21, 2019, Bandung, Indonesia, P.Vii 2019

4.

武士道を基盤とした老年学の哲学Philosophy of Gerontology through Fundamental Bushido

Ryo Takahashi

International Knowledge Civilization and Nano Technology Conference &3rd Health and Martial Arts in Interdisciplinary Approach 2019, Jeju, South Korea, August 12-13, 2019 2019

5.

15年後のJAISTの理想像

Ryo Takahashi

Sharing a Vision of the Future After 15 Years AWIST2018 2018 ASEAN Workshop on Information Science and Technology 1st-4th August, 2018 16 2018

6.

気がつくと残心による知的障がい者特別教育のための武士道の基本理念

Ryo Takahashi

Health and Martial Arts in Interdisciplinary Approach Book of Abstract, Gdansk University of Physical Education and Sport, 26-27 2018

7.

知的障害者特別教育における武道の有効性

髙橋亮

第2回国際武道会議 抄録集, 日本武道学会 関西大学, 56 2017

8.

知的障害者及びその家族の生活の質(Quality of Life)に関する研究:宗教を含む異なる文化背景の比較考察を通して

髙橋亮

発達障害システム学 研究 9(1,2):97 2010

9.

日本とインドの家族の生活の質の評価

Ryo Takahashi

Journal of Applied Research in Intellectual Disabilities Vol.23(5)502 2010

10.

知的障害者とその家族のQOL研究:宗教を含む異文化背景の比較研究

Ryo Takahashi

Gerontology International Synthesis Conference 2009 Andhra University March12-14, 6 2009

11.

芸術を通して新しい時代の「まもる」を創造する人間の潜在能力と可能性について

髙橋亮

第56回全日本手を つなぐ育成会 全国大会実施要項 第15 分科会 高齢化 基調報告) 49-51. 富山県民会館ホール 2007

12.

アメリカの老年学教育

髙橋亮

老年社会科学, 27(2): 158 2005

13.

中高齢知的障害者における家族とのつながりについて-QOL調査からの面会・帰省に関わる要因の検討-

島田博祐 , 高橋亮 , 谷口幸一

老年社会科学, 23(2): 204 2001

14.

老年学におけるWebベースのカリキュラムに向けて-老年学における遠隔学習の機会

Scott D. Wright , 高橋亮 , 柴田博

Japanese Journal of Gerontology, 23 (2)158 2001

15.

知的障害者の高齢化と老年学教育の意義

髙橋亮 , 島田博祐 , 谷口幸一 , 三谷嘉明

日本特殊教育学会 第38回発表論文集 静岡大学, 133 2000-09

16.

グループホームにおける高齢者の生活の質

髙橋亮、島田博祐、渡辺勘持

Journal of Intellectual Disability Research Vol.44:3-4, 482 2000-08

17.

中高齢知的障害者のQOLに関する予備的研究:主観的満足度の分析を中心に

髙橋亮 , 島田博祐 , 渡辺勧持 , 谷口幸一

日本発達障害学会 第35回研究大会 発表論文集 川崎医療福祉大学 セクションA-IV-2 2000-07

18.

誕生から死にわたる生涯発達的特殊教育のためのジェロントロジ- (老年学的アプローチ)

髙橋亮

第2回国際特殊教育 学会 バンコック,タイ王国 28 2000-01

19.

高齢知的障害者の生活の質に関する一報告:入所施設・グループホーム間の配慮・援助導入状況に関する比較

髙橋亮 , 島田博祐 , 渡辺勧持

日本社会福祉学会 第47回全国大会 要旨集 川崎医療福祉大学 445 1999-10

20.

中高齢知的障害者の適応状況に関する報告(2)ABS(適応行動尺度)による検討を中心に

髙橋亮 , 島田博祐

日本特殊教育学会 第37回発表論文集 北海道大学 76 1999-09

21.

文化芸術と調査活動による障害のある人々の社会政策の再構築:行政主導型から地域住民主導型へ

第6回国際高齢・ 障害学会 ラピッドシテイ、 サウスダコタ、 U.S.A. 20 1999-06

22.

日本の山村地における 高齢および障害をもつ人々が再構築された地域で生活するためのグローカル的QoLパラダイムアプローチその2

髙橋亮

第6回アジア・ オセアニア地域 国際老年学大会 ソウル、韓国 97 1999-06

23.

アメリカ合衆国のジェロントロジー教育

髙橋亮

第25回日本保健 医療社会学会大会プログラム・ 抄録集教育講演 48-49 1999-05

24.

日本の山村地における高齢および障害をもつ人々が再構築された地域で生活するための地球的QoLパラダイムアプローチその1

髙橋亮

国際知的障害者研 究協会高齢知的障 害研究会議 第10回大会報告 要旨集 スイス、 ジュネーブ、 世界保健機関 (WHO), 2 1999-04

25.

福島県における肢体不自由教育導入にあたっての家族の努力と課題

髙橋亮

日本特殊教育学会 第36回発表論文集 文教大学, 574-575 1998-09

26.

日本における高齢発達障害者研究実践の今後の課題:第10回国際知的障害研究会議報告からの検討視点

髙橋亮

日本発達障害学会 第33回研究大会 発表論文集 東京学芸大学 65 1998-06

27.

ユタ州ソルトレーク・シテイにおける教会と地域福祉の原則と実践

髙橋亮

日本基督教社会福祉学会第39回 要旨集 名古屋キリスト教 社会館 14-15 1998-06

28.

日本の山間地における障害をもち努力している人々のためのカルチャーインクルージョンの再構築 アプローチ

高橋亮

国際知的障害者研究協会高齢知的障害研究円卓会議 第9回大会報告要旨集、イギリス, ケンブリッジ、フィッツウイリアム 大学 21 1998-03

29.

高齢者知的障害者福祉のケースワーク的支援

高橋亮

日本社会福祉学会 45回全国大会要旨集 龍谷大学 348-349 1997-10

30.

高齢発達障害者;の生活の質の認識ーサー;ビスとサポートニーズの;分析

高橋亮

国際知的障害者研究協会高齢知的障害研究円卓会議第8回大会報告要旨集 アメリカ合衆国、シカゴ、 イリノイ大学 28 1997-07

31.

高齢者福祉教育カリキュラムの再検討:アメリカ、日本の教育カリキュラムを中心に

高橋亮

日本老年社会科学会第39回要旨集 東京都国際フォーラム 78 1997-06

32.

精神遅滞者のアルツハイマー病とその他の痴呆症の臨床アセスメントとケアマネージメントプラクテイスガイドライン

高橋亮

日本老年社会科学学会第38回大会報告要旨集 岡山県立大学 152 1996-10

33.

高齢障害者のQOL認識 サービスとサポートニーズの分析

高橋亮

特殊教育学会 第33回発表論文集 秋田大学 1020-1021 1995-07

共同研究・競争的資金等の研究課題 (6)

1.

福島県男女共生センター平成24年度 地域課題調査研究報告書

福島県における知的障害者及びその家族の生活の質に関する研究

髙橋亮

(2012 -)

2.

14年度日本興亜福祉財団ジェロントロジー研究助成報告書

養護教育課程におけるジェロントロジー教育の現状と意義に関する調査

髙橋亮 , 島田博祐 , 谷口幸一 , 畑中稔 , 中川隆子 , 田中洋子

(2004 -)

3.

高齢知的障害のQOL(生活の質)に関する実証的研究

のQOL(生活の質)に関する実証的研究 (課題番号:13610 268)平成13・14 年度科学研究費 (基礎研究C(2)) 研究成果報告書 研究代表 島田博 祐 愛知県心身障害者 コロニー発達障害 研究所 全75 (2003 -)

4.

グループホームに 住む高齢知的障害者の生活実態及び支援に関する研究(課題番号09610229)平成9・10・11年度科学研究費 (基礎研究C(2)) 研究成果報告書 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所 第2章第3節15-23 第2章第4節24-31 第5章第1節60-66

知的障害者の高齢化に関する研究動向

髙橋亮

(2000 -)

5.

アメリカにおける高等教育ジェロントロジー協会の活動と日本における今後の課題

髙橋亮 柴田博

日本におけるジェ ロントロジーの確立に関する研究報 告書(平成11年度 財団法人年金総合研究センター助成事業)国際長寿センター(正式名称 ー学校法人日本社会事業大学国際長寿社会日本リーダーシップセンター) (2000 -)

6.

平成10年度岡山県老人保健強化推進特別事業要介護高齢者等のQOL評価に関する総合評価平成10年度研究報告書

高齢知的障害者のQOL評価に関する総合研究

髙橋亮

(1999 -)

Works(作品等) (3)

1.

北海道の目覚め

高橋寛 , 高橋亮

2020-07-09 -

2.

サラの物語

Sarahswathi Devi

教材 2020 -

3.

アンダンテカンタービレ

井口啓

教材 2011 -

所属する学会

InternationalPublicHealthAMbassadorConferenceGroup国際パブリック ヘルス アンバサダー(2020-07 -)

日本武道学会(2015-04 -)

日本社会福祉学会(2011-04 -)

日本応用老年学会(2006-04 -)

日本老年社会科学学会(1994-04 - 2014-03)

学術的活動 (2)

1.

ジェロントロジー国際総合会議2009in インド 企画立案・運営等 / 監修 / 学術調査立案・実施

2009 -

2.

ジェロントロジー国際総合会議2007in 沖縄 企画立案・運営等 / パネル司会・セッションチェア等 / 監修 / 学術調査立案・実施

大会・シンポジウム等 2007 -

受賞歴 (1)

1.

IASSIDD フェロー 国際知的障害研究協会

名誉会員 2000

実技実績・指導実績

ジェロントロジー哲学・共育・生命倫理を人間芸術と即興的表現を用いた防災実践共育に導入することをテーマに、高齢者と障がいを自らを含むQOLの生涯実践共育として学んでおります。
知的障がいのある人を含めて誰でも参加できる武道柔道剣道の稽古について研究しています。

メディア報道 (3)

1.

ジェロントロジー国際会議in India ニュース記事2009 http://carefittimes.blog23.fc2.com/blog-entry-66.html

https://www.carefit.org/india_conference09/repo_nc.html

https://www.carefit.org/india_conference09/repo_nc.html 2009-03-12

2.

高齢者を理解する Metro Plus Visakhapatnam

The Hindu 2007-09-22

3.

ジェロントロジー国際総合会議2007 in OKINAWA https://www.carefit.org/sympo2007/outline1_en.html

https://www.carefit.org/sympo2007/outline1_en.html

2007-03-01

担当科目

大学院

学部共通

体育学科     

健康福祉学科

社会福祉概論I,II, 老人福祉論, 保健医療論(分担), 障害者教育総論(分担),社会福祉援助技術現場実習指導,社会福祉援助技術演習II,知的障害者のスポーツ指導(集中),全学教養演習

運動栄養学科

社会福祉概論I,II

スポーツ情報・マスメディア学科

現代武道学科

体育系大学の基礎教養

子ども運動教育学科

教職論(C),社会福祉