専任教員紹介

教授

鈴木 省三

Suzuki Shozo

修士(学術)
博士(学術) (東北学院大学)

研究領域

ライフサイエンス / スポーツ科学 /

資格・免許

CSCS(NSCAストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

Misc (53)

1.

Program design based on a mathematical model using rating of perceived exertion for an elite japanese sprinter: A case study

S Suzuki , T Sato , A Maeda , Y Takahashi

JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH 20 (1) 36 - 42 2006-02

2.

海浜における水泳実習の安全管理に関する研究-泳力の劣る実習生を対象としたコンディション評価システムの検討-

13 3 - 12 2001

3.

Study on the system for evaluating condition in unskilled students during ocean swimming training camp

Journal of training Science 13 3 - 12 2001

4.

総トレーニング量の変動が陸上競技選手のコンディションに与える影響

疲労と休養の科学 15 (1) 153 - 162 2000

5.

The effects of total training volume on condition in track and field athletes

15 (1) 153 - 162 2000

6.

生涯スポーツとしてのボールルームダンスの生理的効果について(第2報)-ダンスプログラミングに着目して-

仙台大学紀要 30 (2) 77 - 83 1999

7.

A study on the physiological effect of Ballroom Dancing as lifelong sport((]G0002[)) -From the point of view of dance programming-

Bulletin of Sendai College 30 (2) 77 - 83 1999

8.

ボブスレーにおける「技」と「力」

体育の科学 48 (7) 546 - 552 1998

9.

ボブスレーチームに対する心理的サポート

日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告NO.III冬季種目のメンタルマネジメントに関する研究-第2報- 74 - 79 1998

10.

Technique and power of Bobleigh

Journal of Health, Physical Education and Recreation 48 (7) 546 - 552 1998

11.

Mental support for Bobsleigh National team

74 - 79 1998

12.

2つの異なる運動様式が陸上長距離選手の身体諸機能と血液性状に及ぼす影響

疲労と休養の科学 12 (1) 59 - 71 1997

13.

Changes in Physiological Functions during a 24-Hours Relay and the SUGO Full Marathon

12 (1) 59 - 71 1997

14.

遠泳時の生体反応に関する調査(2)

仙台大学紀要 27 43 - 50 1996

15.

生涯スポーツとしてのボールルームダンスの生理的効果について

仙台大学紀要 27 33 - 41 1996

16.

大学男子バスケットボール選手の体力特性とトレーニング強度

東北体育学研究 14 (1) 31 - 41 1996

17.

ラップタイム計測によるボブスレーの競技力の解析

15 (1) 35 - 41 1996

18.

An Investigation of Human Reaction during Long Distance Swimming under Low Temperature condition(II) - The Effect of Wet Suit -

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 27 43 - 50 1996

19.

A Study on the Physiological Effect of Ballroom Dancing as Lifelong Sport

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 27 33 - 41 1996

20.

Intensity of Training Program Measured through Physical Characteristics of Male Collegiate Basketball Players

Tohoku Journal of Sport Science 14 (1) 31 - 41 1996

21.

Analysis of the Performance in Japan BOB TEAM

Japanese Journal of SPORTS SCIENCES 15 (1) 35 - 41 1996

22.

遠泳時の生体反応に関する調査

仙台大学紀要 26 7 - 16 1995

23.

ボブスレー選手のトレーニングデザイン-総トレーニング量がボブスレー選手のパフォーマンスとホルモン動態に与える影響-

トレーニング科学 6 (1) 25 - 32 1995

24.

レジスタンストレーニングがリュージュ選手の陸上と氷上のパフォーマンスに及ぼす影響

仙台大学紀要 26 17 - 24 1995

25.

An Investigation of Human Reaction during Long Distance Swimming under Low Temperature Condition

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 26 7 - 16 1995

26.

TRAINING DESIGN FOR BOBSLEIGHERS -The Effects of Total Training Volume on Performance and Serum Hormone Concentration in Bobsleighers-

Journal of training Science 6 (1) 25 - 32 1995

27.

The Effects of Resistance Training on Performance of a Luge Competitor

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 26 17 - 24 1995

28.

スポーツ選手の運動処方システムの開発

仙台大学紀要 25,81-101 - 1994

29.

The Development of Exercise Prescription System for Athletes

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 25,81-101 - 1994

30.

無酸素性作業閾値からみたサッカー選手の持久力

仙台大学紀要 24,37-50 - 1993

31.

同一負荷運動に対する中高年者の10年後の呼吸循環応答

仙台大学紀要 24,27-36 - 1993

32.

6週間のピーキングプログラム中におけるボブスレー選手の血清ホルモン・パフォーマンス・トレーニング量との関係

仙台大学紀要 24,51-62 - 1993

33.

A Study on the Aerobic Work Capacity of Soccer Players with Anaerobic Threshold

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 24,37-50 - 1993

34.

Cardiorespiratory Response to Given Work Load after 10 years in Middle-aged and Older Individuals

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 24,27-36 - 1993

35.

Influence of Carefully Defind Increase and Decrease of Total Training Volume on Performance and Serum Hormone Concentration in Experienced Bobsleighers.

BULLETIN OF SENDAI COLLEGE 24,51-62 - 1993

36.

ボブスレー・リュージュ競技のトレーニングデザイン

トレーニング科学 4 (2) - 1992

37.

Training design of the Bobsleigh and Luge

Journal of sports sciences and Exercise training 4 (2) - 1992

38.

ボブスレー競技滑走中の血中乳酸濃度

日本体育協会スポーツ医科学研究報告 II (13) - 1989

39.

ボブスレー競技

9 (12) - 1989

40.

心拍数を指標としたボブスレー競技のカルガリー対策

トレーニング科学 1 (1) - 1989

41.

Blood lactate concentration responses during Bobsleigh runs.

II (13) - 1989

42.

The Bobsleigh

Japanese Journal of sports sciences 9 (12) - 1989

43.

Countermeasure of Calgary Olympic '88 to Bobsleign sport

Journal of Sports Sciences and Exercise training 1 (1) - 1989

44.

ボブスレー選手のトレーニングとしてのスーパースライグー滑走の生理学的意義

仙台大学紀要 20 - 1988

45.

Physiological significance of super slider running at the training program for Bobsleigh player

Bulletin of Sendai College 20 - 1988

46.

ボブスレー選手の体力的特性

6 (11) - 1987

47.

筋伸張運動(ストレッチング)の生理学的研究

仙台大学紀要 19 - 1987

48.

Physical characteristics of the Bobsleigh player

Japanese Journal of Sports Sciences 6 (11) - 1987

49.

Physiological studies on the stretching in Athletes

Bulletin of Sendai College 19 - 1987

50.

ボブスレー競技滑走中および滑走前後における心拍数・血漿カテコールアミンの変動

仙台大学紀要 18 - 1986

51.

Heart rate, plasma catecholamines and white blood cell responses during bobsleigh race

Bulletin of Sendai College 18 - 1986

52.

体操競技中の選手の心拍数

仙台大学紀要 17 - 1985

53.

Heart rate response during gymnastic routines

Bulletin of Sendai College 17 - 1985

書籍・出版物 (7)

1.

冬季長野オリンピック国際シンポジウム論文集

1998

2.

The 1997 Nagano Symposium on Sports Sciences

Training Design for Japanese Bobsleighers 1998

3.

Analysis of Start Time at Nagano Olympic Bobsleigh Course

International Meeting of Sports Science commemorating the 1998 winter Oympics in Nagano 1998

4.

雪と氷のスポーツ百科

大修館書店 1997

5.

トレーニングの生理学 コーチと選手のために

廣川書店 1990

6.

Coaches Guide to sport physiology

HIROKAWA PUBLISHING CO. 1990

7.

スポーツと健康

高山書店 1977

共同研究・競争的資金等の研究課題 (5)

1.

子供から高齢者までの体力向上のためのプログラムデザイン トップアスリートの夢を支援するプログラムデザイン

2.

競技力向上の為のプログラムデザイン

3.

ボブスレー選手のトレーニングデザイン

4.

TAPERING FOR PEAK PERFORMANCE

5.

Training design for Bobsleighers

Works(作品等) (3)

1.

トルンシリーズでの自律神経への影響と疲労回復効果に関するプラセボ群との二重盲険化群間比較実験1.2

2003 -

2.

Jog Mate proteinの10時間リレーにおける筋肉痛の軽減効果に関するプラセポ群との二重盲検化群間比較試験

1999 -

3.

運動前のP13摂取がDIT反応ならびに運動時の体タンパク質代謝に及ぼす影響

1996 -

所属する学会

カナダスポーツ科学会(Canadian Association of Sport Sciences)

日本運動生理学会

日本体育学会

日本体力医学会

担当科目

大学院

体力科学特講,トレーニング科学演習

学部共通

全学教養演習,卒業論文

体育学科     

体力相談と運動処方,スポーツトレーナー演習,スポーツトレーナー実習,ストレングス&コンディショニング演習,ストレングス&コンディショニング実習,トレーニングのプログラムデザイン,スポーツ観戦論,フィットネストレーナー・インターンシップ実習

健康福祉学科

体力相談と運動処方

運動栄養学科

体力相談と運動処方

スポーツ情報・マスメディア学科

スポーツ観戦論

現代武道学科

体力相談と運動処方

子ども運動教育学科