2022/07/19

バドミントン部/齊藤梓、山形県国体予選で優勝



 7月に入り、バドミントン競技では各都道府県で国体予選が開催されており、本学の男女のエースがそれぞれの故郷にて上位進出を果たしました
 
 山形県では、齋藤梓(スポーツ栄養1年)が成年女子シングルスにて優勝し、同ダブルスにおいても準優勝しました。齋藤はシングルスの優勝にて国体メンバーに選出され、8月末に行われる東北ブロック予選(通称・ミニ国体)に出場します。同時に行われる東北総合バドミントン選手権大会の山形県代表にも選出されました。
 
 青森県では、成田行磯(体育・4年)が成年男子ダブルスで、二年連続の準優勝となりました。ダブルスは優勝しないと国体メンバーには選ばれないことから残念ながらメンバー選出は逃してしまいました。
 
 バドミントン部の男女エースに今後も期待していきたいです。
<バドミントン部>
 
関連記事

受験生情報サイト 受験生情報サイト 資料請求 資料請求

ページトップへ ▲