小野寺那央選手がヴォスクオーレ仙台(Fリーグ)とプロ契約を締結

阿部学長に契約を報告した小野寺選手(中央)とヴィスクオーレ仙台坂本社長(右)


 本学のフットサル部に所属する小野寺那央選手(おのでら・なお 体育学部体育学科4年-岩手・盛岡中央高校出身)がFリーグのヴォスクオーレ仙台と本契約を締結しました。今シーズンは本学に在籍しながらFリーグのプロ選手として試合に出場することになります。
 4月24日(月)にはヴォスクオーレ仙台の坂本理(さとる)社長と共に阿部芳吉学長を表敬訪問。小野寺選手は「プロ選手になれば、これまで以上にたくさんの人から応援していただけると思うので、一生懸命に取り組んで行きたい。現在はチームの戦術を身に付けることに苦労しているが、少しでも早くチームのために活躍したい。」と今後の抱負を力強く語ってくれました。
 小野寺選手は2年生の時からFリーグでの活躍を目標にして日々のトレーニングに励んできたそうで、その努力が結実し今回の契約に至りました。坂本社長からも「2020年に開催されるフットサルW杯の日本代表候補となり得る人材。」と期待を寄せられており、今後の小野寺選手の活躍から目が離せません。