文部科学省「情報ひろば」新体操競技の体験イベントを開催しました



2月4日(月)文部科学省「情報ひろば」にて新体操競技の体験イベントを開催しました。今回の企画は1月4日(月)~4月19日(金)まで文部科学省「情報ひろば」旧省庁3階企画展示室で「世界に触れる」~東京2020オリ・パラ事前合宿ベラルーシ新体操ナショナルチームへの協力~と題し、ホストタウンとなっているベラルーシ共和国の取り組みを展示してており、そのイベント企画として催したもの。新体操競技の魅力について多くの方々に体験して頂くことで東京2020オリンピック・パラリンピックの普及や啓発の一助になればと実施しました。
この体験イベントでは鈴木大地スポーツ庁長官にもご来場いただき、河野未来講師による映像を使った新体操の紹介を行い、手具体験コーナーでは新体操競技部の阿部楓花さん(体育4年)・川口千尋さん(体育3年)が、訪れた方々を相手に、リボンやフープなどの扱い方の手ほどきを披露、鈴木長官を始め多くの方々に新体操の手具の扱いの難しさと、逆にちょっと慣れた後の扱いの醍醐味を体験いただきました。
 

関連リンク

文部科学省「情報ひろば」はこちら

関連記事

文部科学省「情報ひろば」の本学の展示についてはこちら