「大学スポーツ推進フォーラムin仙台」で池田准教授が本学の事例発表

本学の事例発表をする池田准教授

2月23日(金)に学校経理研究会主催の「大学スポーツ推進フォーラムin仙台」が全国の大学関係者100名弱の参加により開催され、仙台大学も事例発表を行いました。
本フォーラムは、スポーツ庁が提唱している大学スポーツの改革~日本版NCAA設立に際して、全国の大学に対する改革戦略の理解促進と浸透を目的にして、スポーツ庁の担当官も招聘して、全国各地で巡回開催されています。
本学からは、インスティテューショナルオフィサーの池田敦司准教授が登壇し、大学の運動部活動のみならず、学生アスリートに対するサポートシステムや、地域におけるスポーツ健康増進活動、新たな事例報告を行いました。
また、フォーラムの後半では、大学スポーツ改革に向けて、スポーツ庁企画官、大体連理事等とともに意見交換を行うライブセッションも行いました。