2018平昌オリンピック 男子スケルトン 「応援する会」を開催

韓国で行われている2018平昌オリンピックスケルトン競技日本代表の宮嶋克幸選手(体育学科4年)と高橋弘篤選手(平成19年卒)を応援する会が2月15日(木)、本学LC棟を会場に開催されました。会場には滝口茂柴田町長をはじめとする柴田町関係者や町民、本学関係者など約100名が集まり、2名の選手に声援を送りました。
16日(金)にも応援する会が開催され、学生や教職員が2名の選手を応援しました。3本目の滑走を終えた時点での結果は、高橋選手が22位、宮嶋選手は26位の成績で惜しくも4本目の滑走に進出することはできなかったものの、これまでのトレーニング成果を十二分に発揮したすばらしい滑走で、会場で声援を送った皆さんにだけではなく、柴田町民や仙台大学関係者に大きな勇気と感動を与えました。
なお、会場ではスケルトンソチオリンピック代表の小室望さんと本学大学院生でソチオリンピックボブスレー日本代表の黒岩俊喜さんが競技の解説を行いました。


仙台大学LC棟で行われたパブリックビューイングの様子