2022/01/24

Vol.73 冬(オフシーズン)の期間に自身の食事を見直そう

 みなさん、こんにちは。運動栄養学科の平良(たいら)と申します。
 年が明けてから早くも3週間を過ぎました。
 いかがお過ごしでしょうか?
 
 この冬の時期では多くの競技でオフトレーニング期に入り、基礎動作の獲得や体力・体づくりが行われているのではないでしょうか?(冬季種目は逆になります)
 今回は、そんな基礎基本を身に着ける時期に合わせて、見直してほしい食事のバランスについてご紹介します。
 
 見直しポイントは大きく2つです。
 1つ目はエネルギーバランスです。トレーニングや体作り、生命維持に使ったエネルギー(カロリー)を食事で摂れているかを見直します。チェックポイントは毎朝の体重の変化です。毎朝、起床後トイレに行った後に体重を計り、前日との変化を確認しましょう。体重が減った場合は前日使ったエネルギーに対して食べている量が少ないサインです。一方で、体重が増えた場合は、食べている量の方が多いサインです。体重の増減を確認しながら、食べる量のコントロールが出来るようにしていきましょう。
 2つ目は栄養素のバランスです。まんべんなく栄養素が摂れるように色々な食品を摂るようにしましょう。3000kcalを例に一日に摂るべき食品の量を図に示しました。これらの食品を一日で摂りきるように意識してみてください。印刷して、食べたものの色を塗ってもOKです。献立に困ったら、鍋にバンバン入れて食べるのもありです。ぜひ活用してみてください。
 
 冬(オフシーズン)の期間は食事も基礎基本を身に着けるチャンスです。ぜひこの機会を生かしてみてはいかがでしょうか?
 

食品構成表色塗り_3000kcal(リーフレット)
 
運動栄養学科 講師 平良拓也
 

学科概要

バックナンバー

 



 
関連記事

受験生情報サイト 受験生情報サイト 資料請求 資料請求