2021/11/05

1年生が「包丁の手入れと野菜の切裁」を実践/運動栄養学科

 

 運動栄養学科1年生対象の「調理学実習Ⅰ」の授業が後期からスタートしました。
 この授業は、和食を中心とした献立を通して、調理操作の基礎を学ぶものです。初回は外部講師を招き「包丁の手入れと野菜の切裁」を学びました。
 包丁の講義では、包丁の研ぎ方だけでなく砥石の種類や、包丁の種類についても学びました。また、野菜の切裁についての講義では、キュウリ、ニンジンや大根などを使って計17種類の切り方を学びました。
 学生の皆さんは初めての作業ということで、ぎこちない部分もありましたが、一つ一つの作業を丁寧に行っていました。授業全体を通して、外部講師のデモンストレーションを真剣に見て実践している姿がたいへん印象的でした。
 
授業の様子


関連記事

受験生情報サイト 受験生情報サイト 資料請求 資料請求