2021/07/28

バドミントン部、部活動支援で成果/大河原中が東北大会へ

前列右:伴野匠さん

 
 本学バトミントン部は地域の学校の部活動支援に取り組んでいます。実際に学校現場に赴いて指導、基本動作から試合の戦術までアドバイスを送っています。効果が徐々に表れ、部活の成績もグングン上昇中です。
 
 伴野匠(体育・コーチングコース3年)は本年2月から大河原町大河原中でコーチをしています。コーチングコースの必修科目「スポーツコーチング実習」の一環も兼ねており、自ら指導方法の在り方を現場で学んでいます。
教えて学ぶ、学んで教える─。試行錯誤の繰り返しの中で「実りの花」がついに咲きました。大河原中は宮城県中学総合体育大会(7月24~27日・仙台市内)で女子が準優勝し東北大会(8月7~9日)への切符をつかんだほか、男子が3位と大健闘したのです。
 伴野は喜びでいっぱいです。生徒の成長に「さらにコーチングのスキルアップを図りたい」と目を輝かせています。
 
 バドミントン部は今後も「地域貢献」の観点から部活動指導に取り組んでいく所存です。
バドミントン部
体育学科スポーツコーチング・コース
関連記事