2021/01/13

授業を通じて資格を取得/「体育施設管理士」認定証授与式



 本学は「公認体育施設管理士」になるための授業科目を用意しています。体育施設の維持管理・運営について学び、学内で実施される益財団法人 日本体育施設協会主催の資格認定試験に合格すれば資格が付与されます。
 
 2020年12月18日(金)には令和元年度分の第14回「仙台大学体育施設管理士」認定証授与式が学内で行われました。合格者は精鋭32人。本来なら4月に執り行う授与式でしたが、コロナ禍の影響で延び延びになっていました。 
 
 遠藤保雄学長は「体育施設はアスリートにとって、また体育・スポーツを行う多くの国民にとって非常に重要なインフラであると思う。そうゆう事に関して皆様がきちんとした基礎的な知見を授業で体得し、それをベースにして社会に貢献していくことは非常に重要だと思います。今後色々な形でこの資格をベースにして社会貢献していってほしいと思います」とエールを送りました。
 
 授与式には4名の学生が参加し「今まで私達が育ってきた学校にある体育施設などがいろいろな人たちの手によって管理や維持されていることが授業を通して実感しました」や「ホテルの運営管理職に4月から内定しました。授業を通して学んだ施設管理がホテルの運営に生かしていきたいと考えています」などの声が聞かれました。
 

各年度別合格者数

平成30年度 20名
平成29年度 49名
平成28年度 23名



<体育施設管理コンサルタント>
関連記事