V1チームにアナリストとして同行/スポ情3年倉茂さん(男子バレーボール部)



 本学男子バレーボール部で、アナリストとして活動している倉茂涼さん(スポーツ情報マスメディア3年)が今シーズン、V.LEAGUE Division1(Vリーグ)に所属するヴィクトリ―ナ姫路にチームアナリストとして同行しています。
 大学での活動もしっかり行いつつ、夢実現への第一歩として週末は全国各地の試合会場でアナリスト活動、さらに平日は次週対戦予定の分析を行うハードなスケジュールです。
 初めて女子チームの分析を行っていることで、これまでになかった考え方、バレーボールに対する見方など、戦術に関して変化が見えてきているようです。
 この経験を本学男子バレーボール部に還元し、チームの更なる強化と本学科の情報分析分野での発展に貢献してくれると思います。
 今年も本学男子バレーボール部の応援をよろしくお願いします

○倉茂さんからのコメント
 女子バレーは戦術的な部分が男子バレーよりも当てはまる事が多く、その為、アナリストの責任も大きくなります。自分はまだまだチームの勝利には貢献出来ていないですが、自分に出来る事を精一杯頑張りたいと思います。
 トップレベルで得られた経験を、本学男子バレーボール部に還元していきたいです。


男子バレーボール部

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

仙台大学公式(@sendaidaigakuofficial)がシェアした投稿

関連記事