2020/12/10

2020年度の介護実習が終了しました

介護実習Ⅲ終了時の集合写真


 今年度、健康福祉学科介護福祉士養成課程では、12月4日にすべての実習が滞りなく終了しました。
 本来は、5月に3年生対象の介護実習Ⅱ(23日間)、8~9月に2年生対象の介護実習Ⅰ(12日間)、9月に3年生対象の介護実習Ⅲを予定しておりましたが、コロナウイルスの感染防止の観点から日程を繰り下げたほか、学内実習にすべて変更しました。
 
 学内実習での学びは果たして得られるのか、学生も教員も不安が大きかったところですが、学生全員に貸与されているiPad(iPad with Wi-Fi + Cellularモデル通信費込み)を用いた施設の理解や介護過程の展開について、実習施設指導者との綿密な打ち合わせにより実現できました。また、学内でもグループワークや応用的な生活支援技術など様々なプログラムを学生に提供することができました。

 11月9日から23日間にわたり実施した介護実習Ⅲでは、「あっという間だった」「終末期の介護支援について理解が深まった」「夜勤実習では多くの学びが得られた」など学生から深い学びが得られたとの意見が多く挙げられました。

 コロナ禍の状況で、断腸の思いで学内実習を実施する決断を致しましたが、実習にご協力いただきました実習施設の皆様に支えて頂き、無事に実習を終了することが出来ました。この場をお借りして深く感謝申し上げます。
 今回の学内実習(遠隔実習含む)において得られた学生の体験と学びは貴重なものです。本学は社会のニーズに応えることのできる介護福祉士を養成してまいります。

22日目 施設長からの講義


<健康福祉学科>
関連記事