漕艇部が柴田町長にエイト優勝報告



 11月12日(水)柴田町役場で滝口茂柴田町長に漕艇部が10月に埼玉県戸田市で行われた第47回ボート全日本大学選手権で男子エイト初優勝の報告をしました。
 
 信夫涼主将は「柴田町の素晴らしい環境のもとエイトで勝つという強い気持ちをもって取り組んできました。その結果が優勝につながりました」と報告しました。滝口町長は「みなさんの努力と阿部監督の指導の結果が優勝につながったのだと思います。柴田町に明るいニュースを届けてくれてありがとう」と選手をたたえました。
 
 また同日、本学を応援する「川交会・柴田町ボート協会」にも優勝を報告しました。毎年、現地に行って応援する児玉裕雄 柴田町ボート協会会長は「今年はコロナの影響で残念ながら現地での応援は叶いませんでしたが、自宅からライブ配信で応援していました。柴田町ボート協会ができて10年が経ちました。念願のエイトの優勝を果たしてくれて本当に嬉しく思います」と話してくれました。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

仙台大学公式(@sendaidaigakuofficial)がシェアした投稿

関連記事