魅力発信/介護ロボット体験セミナーを開催しました



 10月16日(金)本学LC棟で、仙台大学附属明成高等学校福祉未来創志科1年生24名を対象に介護ロボット体験セミナーを開催し、介護現場等で導入されている最新のロボットに触れました。
 
 介護支援型ロボットではマッスルスーツを着けて重い荷物を持ち上げる体験や福祉用具のラクラックスを使用したベッド上での移動体験、自立支援型ロボットのロボットアシストウォーカーを使用した歩行体験、コミュニケーション型ロボットではPALROを用いたレクリエーションやOri Himeを通したコミュニケーションの体験をしました。
 
 また、認知症を持つ人の困りごとについてVR体験や実践的なレクリエーションを実施し、本学学生と高校生が触れ合いながら、楽しく学びました。

参加した明成高生からは「いろんな種類のロボットがあることを知りました」「大学生のお兄さんの説明がとても分かりやすかった」と笑顔で話してくれました。

 今後も健康福祉学科の介護福祉士領域では介護の魅力や介護に関する最新の情報を広く発信する大学として、取り組んでいきます。

 


<健康福祉学科>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

魅力発信/介護ロボットセミナー体験セミナーを開催しました HPをご覧ください #仙台大学 #仙台大学附属明成高等学校 #高大接続 #介護ロボット

仙台大学公式(@sendaidaigakuofficial)がシェアした投稿 -


 
関連記事