「ありがとう!」ベラルーシ新体操チームより応援動画メッセージ

 本学では、白石市・柴田町東京2020オリ・パラホストタウン親善大使であるセベツ・アリーナ氏、マカロワ・マリア氏の協力のもと、ベラルーシ新体操ナショナルチームにメッセージ動画を依頼し、同サイトへ掲載させていただきました。

 白石市、柴田町とともに招致したベラルーシ新体操ナショナルチームの東京2020オリ・パラに向けた事前合宿を2017年より実施して参りました。2020年は新型コロナウイルスの関係から東京2020オリ・パラも延期となり、併せて事前合宿も実施されず、残念ながら選手たちが来訪する機会が無くなってしまいました。
 
 この事前合宿に限らず、コロナ感染予防のためイベント開催などが難しく、人と人とのつながりを維持していくことが難しくなっている状況を打開する一手とするべく、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部によりホストタウン専用サイト「世界はもっとひとつになれる Light up HOST TOWN Project」が計画され、そこでは海外アスリートからの応援メッセージ動画が掲載されております。
 
 メッセージを頂戴したのは、これまでの事前合宿に参加してるアリーナ・ガルノシコ選手、カチェリーナ・ガルキナ選手、アナスターシャ・サロス選手の3名です。応援メッセージとともに、これまでの事前合宿の様子も紹介されておりますので、どうぞご覧ください。
 
世界はもっとひとつになれる Light up HOST TOWN Project
ホームページはコチラ
 
応援メッセージ公開ページはコチラ
関連記事