バドミントン部:高校生に情報戦略サポート講習会を開催



 11月17日(日)、福島県尚志高等学校バドミントン部から依頼を受け、競技における情報戦略サポートを行いました。

 バドミントン部監督・林直樹准教授と、スポーツ情報マスメディア学科1年・須田翔大さん(スポーツ情報サポート研究会・バドミントン専属アナリスト)が、本件について担当しました。
 
 バドミントンのゲームにおいて情報を収集して分析していく手法とそこで得た情報の整理について、まずは講習を行って説明し、その後に実際のゲーム練習の中で実習を行いました。
  高校生たちは新たな試みに戸惑いながらも、ディベートの際には活発に発言し、自分自身や仲間のプレーの傾向などについて議論していました。顧問の先生方についてもデータの見方について説明し、今後の競技力向上の一助となることを期待させる講習となりました。
 
 今後も東北地方の高校へのサポート活動など積極的に地域に関わっていけるよう、活動して参ります。
<バドミントン部>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高校生に情報戦略サポート講習会を開催 バドミントン部 HPをご覧ください #仙台大学 #情報戦略

仙台大学公式(@sendaidaigakuofficial)がシェアした投稿 -



 
関連記事