男子バレーボール部:活動報告 札幌市バレーボール教室・講習会 



 本学男子バレーボール部の中村祐太郎監督、安部祐馬コーチ、河野格大選手(体育学科3年)が8月4日(日)~8月6日(火)に北海道札幌市で高校生の男子バレーボール部を対象にバレーボール教室を行いました。
 
 バレーボール教室では、実技講習のほか、運動栄養学科の真野芳彦准教授による「スポーツと栄養の関係性について」、スポーツ情報マスメディア学科の溝上拓志助教に「バレーボールと情報戦略の関わりについて」の座学講習も行われました。
 
 3日間という短い期間でしたが、ICTを活用したフィードバックなどを取り入れながら、コーチングの技術を最大限に生かした指導で北海道のバレーボールの強化に貢献することができたと考えています。
 
 今回の取り組みは、6月に札幌市で行われた東日本バレーボール大学選手権大会の時に、応援に来てくださった本学OBが、北海道に仙台大学をもっと広めたいと尽力してくださり開催されました。
 
 参加した生徒からは実技だけでなく、栄養や情報戦略など「支えるスポーツ」も大変好評でした。
<男子バレーボール部>
 

男子バレーボール部の紹介はこちら

Instagram






関連記事