現代武道学科 三つのポリシー

1.卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)

武道学および武道の応用展開をベースとする社会の安全・安心に関わる領域(現代社会の多様なリスク・危機を踏まえた警護・警備等)に卒業後社会で専門性を発揮できる力と必要な基本的な学修能力を身につけ、それを実践できること

その上で、現代社会においてわが国の伝統文化としての武道や海外における武道さらに、社会の安全・安心に貢献できる役割を深く理解すること

i  ) 武道を通じた安全・安心に関する専門的・応用的な知識・技術を身につけることができる
ii ) 武道を通じた安全・安心が果たす役割を深く理解することができる
iii) 武道を指導する場において、知識・技能を相手に的確に伝えることができる
iv ) 多様な人々と円滑な人間関係を築くことができ、指導や支援を行う場において、専門的知見を踏まえて適切にコミュニケーションができる
v  ) 論理的かつ多面的に考え、多様な人々とコミュニケーションを図りながら課題を探求し、主体性を持って課題解決に取り組むことができる

2.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

 体育学を基に、武道教育と武道の応用展開としての社会の安全・安心の確保に関する科目を幅広く学修すると共に、関連資格が取得できるよう配慮して、授業では段階的かつ体験的に学べるように実技・演習形式を多く取り入れ、学生自らが創造的、主体的に取り組めるようなカリキュラムを用意しています。
i  ) 現代の武道や学校教育における武道指導についての専門的な知識を修得する科目
ii ) その基盤となる体育・スポーツ及び健康分野での体育・スポーツ健康科学関係科目
iii) 武道実技や武道の応用展開としての演習・実技を実践し、基本的知識や専門的な身体運動の技術を身につけ実践力を修得する科目
iv ) 海外における武道実習・実技の体験を通して技術や文化価値を知る機会を得る独自のプログラムを設定した国際交流を推進している科目
v  ) 武道の応用展開としての社会の安全・安心の確保に関する科目(現代社会の各種リスク・危機を踏まえた警護・警備等)  

3.入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

 スポーツ好きで、特にわが国の伝統文化である武道に興味を持ち、また、武道の応用展開の修得を通じ社会の安全・安心に関して強い関心があり、将来は、体育・スポーツ・武道の専門的指導者や社会の安全・安心を担う業務分野に就きたいという強い意志を持つ、明るく礼儀正しい方

 

現代武道学科学科長メッセージ

 社会貢献できる人材育成の場をめざして。
 現代武道学科は、設置当初から明確な目標を持っています。それは、「武道も専門的に指導できる保健体育教員」と「社会の安全・安心を担う職業に就ける人間」の育成です。
 そのために必要な教育として、武道の知識と術技の基礎を学ぶ科目と、警護・警備に武道を応用・展開することを見据えた授業科目が準備されています。これらの科目は、武道の経験のない人でも安心して学べる内容になっています。つまり、学科で学ぶすべての学生が目標を達成するためのカリキュラムが用意されています。
 また、本学科では、海外武道の技術や文化価値を知る機会をカリキュラムの特徴として準備しています。韓国・中国の提携大学の講師による、テコンドーや中国武術の実技授業は、コロナ禍の状況であっても、集中講義としてオンライン対応で展開しています。
 平成23年度に開設された本学科ですが、これまでに400名以上の卒業生を社会に送り出しました。卒業生は、それぞれ教員・警察官・刑務官・消防士あるいは全国展開する警備会社の基幹的な職員として社会に踏み出し、そして活躍してくれています。
 さて、みなさんは「精力善用」、「自他共栄」という言葉を知っていますか?柔道の創始者、嘉納治五郎先生のお言葉です。今日的な表現に言い換えると「心身の持つ全ての力を最大限に活かして社会のために使うこと」、そして「相手を敬い感謝することで信頼しあう心を育み、自分だけでなく共に栄えある世の中にする」という意味の言葉です。私はこの言葉を自分の根底に据えて、学科長として3年間、指導にあたってきました。現代武道学科の学生においても、この精神を持って、私たちとともに、更に前進していってほしいと考えています。

現代武道学科長
なんじょう みつとし
南條 充寿
(
平成30年 4月 1日就任)