ブックタイトル仙台大学 平成30年度入学試験要項

ページ
14/76

このページは 仙台大学 平成30年度入学試験要項 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

仙台大学 平成30年度入学試験要項

試験会場の下見について①本学会場 ・試験日の前日に試験会場の下見ができます(試験会場内の教室への立ち入りはできません)。 ・但し、以下の入試区分については、指定の期日のみ下見が可能となります。  「推薦入試」の下見は、平成29年11月16日(木)17時までとします。  「一般入試(前期)」の下見は、平成30年2月5日(月)17時までとします。②地方会場 ・試験会場内の下見はできません。試験当日は、9時30分までに受付を終了して下さい。万一遅刻した場合は、係員に申し出て指示を受けて下さい。(AO入試等事前に指示がある場合は、それに従って下さい。)試験会場での諸連絡・案内は、掲示・プリント配布・誘導にて行います。試験会場内では係員の指示に従って下さい。受験票は必ず携帯し、筆記試験時には机上に提示して下さい。受験票を忘れたり紛失した場合は、係員に申し出て指示を受けて下さい。筆記用具は黒色鉛筆又はシャープペンシル(HB以上の濃さのもの)・消しゴムに限ります。下敷き、定規は使用できません。筆記用具以外は机上に置かないで下さい。電卓、多機能時計、電子辞書等の電子機器類の使用は一切認めません。携帯電話は必ず電源を切って係員の指示に従ってしまって下さい。筆記試験においては、試験開始後20分以降の入室はできません。また、試験開始後、退室は一切できません。(但し、指示のある場合は除く。)実技試験を受ける際は、服の胸部と背部に白地に黒マジックで自分の受験番号を明示したゼッケン(縦20cm×横25cm)を縫いつけて下さい(下図参照)。当日は実技試験を受けるのに適した身支度をして下さい。また、各入試区分・種目等に応じて、次頁に示された装備・用具を持参して下さい。屋外種目についても、体育館用シューズが必要となりますので必ず持参して下さい。①スポーツAO入試Ⅱ期 「水泳・水球」選択者は上衣(ジャージ)、「柔道」選択者は道衣、「野球」「ソフトボール」選択者はユニフォームのそれぞれの背部にのみゼッケンを縫いつけて下さい。「剣道」選択者は、ゼッケンをつける必要はありません。②推薦入試一般公募制(「基礎運動能力」選択者)、一般入試前期B方式の受験者は全員必要となります。試験当日の昼食は、予め各自で弁当などを準備して下さい。スポーツAO入試Ⅱ期、推薦入試及び一般入試では、学生食堂を営業しておりますので、ご利用いただいても構いません。所持品の管理には各自気をつけて下さい。特に貴重品の管理には十分注意して下さい。保護者等の付添者は、試験会場に立ち入ることはできません。当日、保護者控え室は準備しております。試験会場周辺で受験用教材などと称して器物・印刷物を配布したり、合否電報の勧誘や、アンケートを記入させる団体が見受けられます。個人情報にあたる住所、電話番号等を記入する場合は慎重に対処するようにして下さい。なお、それらは本学と一切関係ありませんので十分注意して下さい。その他不明な点については、本学入試創職室に問い合わせて下さい。(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)○ゼッケンは白布を使用して下さい。○文字は太さ約1cmの黒マジックを使用してご記入下さい。25cmゼッケン20cm B11001(例)6. 受験上の諸注意共     通2018 共  通12