仙台大学

子ども運動教育学科

■ 子ども運動教育学科長挨拶

久能和夫子ども運動教育学科長

「スポーツが好き、子どもが大好きな皆さんへ」

 仙台大学開学50周年となる記念すべき平成29年4月に,第6番目の学科として「子ども運動教育学科」が誕生しました。
 幼児期の子どもは体を動かし,音楽に親しみ,図画工作などを通して好奇心と想像力を養い心身ともに発育・発達していきます。そのプロセスを,まず,体育学の領域で子どもの運動あそびの支援や助長について深く学び,これを軸にして,心身の発育・発達を促す子どもの保育と教育のあり方についても学修していきます。
 体育学に併せ,幼児教育学・保育学をも一体的に学修していくことが,「子ども運動教育学科」での学びの特徴です。“スポーツが好き!”,“子どもが大好き!”という方々に,「幼稚園教諭一種免許状」,「保育士資格」,「幼児体育指導者」の資格取得の道を開きます。
 スポーツが好きであり,子どもと時間を過ごすことが好きで,子どもとの運動や遊びの支援・助長を通して,将来は幼児の教育・保育,幼児体育指導に携わりたいという強い意志を有している皆さんの入学を期待しています。


くのう   かずお
子ども運動教育学科長 久能 和夫
(平成29年 4月 1日就任)

■ 子ども運動教育学科の挑戦

■ 子ども運動教育学科体系とその主要科目(履修モデル)


Copyright © 2007 SENDAI UNIVERSITY. All Rights Reserved.